■プロフィール

日吉プラス

Author:日吉プラス
リフォームへの取り組み

住宅リフォームの施工会社として
大切にしているコンセプトは、
家族のライフスタイルを考え、
いかに住まいに反映させられるか、
ということです。
自分の時間、家族の時間をゆっくり、
安心して過ごすための住まいです。
住む人の趣味・嗜好に合わせた
ライフスタイルを発想し、空間と
そこにあう家具・照明など、多彩な
インテリアまで提案いたします。
私たちのリフォームは
≪空間演出プロデユース≫
だと考えます。

㈱日吉プラス   堀江弘志
〒224-0041 
横浜市都筑区仲町台3-12-4-223
TEL : 045-941-3355
http://www.hiyoshi-plus.jp

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
09月 « 2017/10 » 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
32年前のブローバスリフォーム
32年前のブローバスリフォーム


横浜市鶴見区馬場5丁目 (Y・N様邸) 築32年(在来木造軸組み住宅)


【お客様のご要望】
  Y・N様邸は新築当時の在来タイル張り浴室です。
  浴槽はTOTO・ブローバス P540R(ろ過機外付け・1984年製)を設置してあります。
  床、壁のタイルは経年劣化でひび割れが多数あります。
  排水詰まりの掃除も出来ず、階下の倉庫や、車庫に水漏れがあり、
  今回全面改修することになりました。

【工事内容と当社の提案】
  Y・N様は再度タイル張り浴室に改修したいとのご希望も少しはあったのですが、
  掃除やメンテナンス、土台や柱など構造材に影響する事も考慮し、
  ユニットバスへの切り替えをお勧めしました。
  浴室サイズは1800×2200で、標準のユニットバスではこのサイズはないので、
  TOTOの1620サイズのサザナをお勧めしました。
  窓側の壁は耐震補強工事ため解体撤去しますが、残り3面はタイルを解体せずに、
  このサイズのユニットバスは収まります。工事費も少なくて済みます。


既存のタイル張りブローバス浴室
DSC00480.jpg


新しくなったユニットバス・1620タイプ
DSC00558.jpg

詳しい工事内容はこちらをクリックしてご覧ください。

スポンサーサイト


浴室リフォーム | 12:43:52 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。