■プロフィール

日吉プラス

Author:日吉プラス
リフォームへの取り組み

住宅リフォームの施工会社として
大切にしているコンセプトは、
家族のライフスタイルを考え、
いかに住まいに反映させられるか、
ということです。
自分の時間、家族の時間をゆっくり、
安心して過ごすための住まいです。
住む人の趣味・嗜好に合わせた
ライフスタイルを発想し、空間と
そこにあう家具・照明など、多彩な
インテリアまで提案いたします。
私たちのリフォームは
≪空間演出プロデユース≫
だと考えます。

㈱日吉プラス   堀江弘志
〒224-0041 
横浜市都筑区仲町台3-12-4-223
TEL : 045-941-3355
http://www.hiyoshi-plus.jp

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
05月 « 2015/06 » 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
浴室暖房乾燥機交換
浴室暖房乾燥機交換

横浜市港北区篠原町 (K様邸) 築36年

あっぱれ・浴室換気暖房乾燥機・1989年製 三菱(V-130BZD)

【お客様のご要望】
 暖房機能も換気機能も全く動かない状態になった。
 取り付けてから25年、1~2回故障して修理はした。
 メーカーに連絡し、出張修理して貰おうとしたが、部品の在庫も欠品していて
 修理するには、現物を取り外しメーカーに送り、2週間位の期間が必要との回答でした。
 修理金額も55000円くらいかかるとのことなので、
 新しい暖房乾燥機に交換することにした。

【工事内容と当社の提案】
 浴室換気暖房乾燥機で25年間も使用した例は、33年のリフォーム経験で初めてです。
 現状を拝見すると、乾燥機を取り付けた後から、バスリブ(浴室天井仕上げ材)を
 釘で貼ってあり、乾燥機を取り外すには、バスリブを解体撤去しなければなりません。
 既存の乾燥機と新規取付製品は外形サイズが異なるため、下地取付枠の加工も必要です。
 K様に現場を見ながら機器の交換と天井材の貼り替えの説明をし、工事着工しました。

【既存の浴室暖房乾燥機】
yoku4.jpg
【新しい浴室暖房乾燥機】TOTO ・ TYB211G
yoku7.jpg

詳しい工事内容はこちらをクリックしてご覧ください。







スポンサーサイト
浴室リフォーム | 08:53:16 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。