■プロフィール

日吉プラス

Author:日吉プラス
リフォームへの取り組み

住宅リフォームの施工会社として
大切にしているコンセプトは、
家族のライフスタイルを考え、
いかに住まいに反映させられるか、
ということです。
自分の時間、家族の時間をゆっくり、
安心して過ごすための住まいです。
住む人の趣味・嗜好に合わせた
ライフスタイルを発想し、空間と
そこにあう家具・照明など、多彩な
インテリアまで提案いたします。
私たちのリフォームは
≪空間演出プロデユース≫
だと考えます。

㈱日吉プラス   堀江弘志
〒224-0041 
横浜市都筑区仲町台3-12-4-223
TEL : 045-941-3355
http://www.hiyoshi-plus.jp

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
07月 « 2012/08 » 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カーポート屋根修繕
カーポート&テラス屋根修理

横浜市港北区篠原西 (Sさま邸)築8年

台風並みの強風により、カーポートとテラスの屋根パネルが押さえ枠からハズレ
破損してしまいました。パネルだけ交換しても又強風でハズレる事が
予想出来るのでパネル抜け防止材をパネルの上から取り付けました。 
 
パネル抜け破損 


テラス屋根パネル抜け 

パネル抜け防止材 
<破損したパネルは交換し、パネル枠押さえにはめ込み、
その上からパネル抜け防止材を取付けました>



スポンサーサイト
エクステリア工事 | 15:57:50 | Trackback(0) | Comments(0)
カーペットの張替え(絨毯)
カーペットの張替え(絨毯)とキッチンフロア貼り替え

港北区下田町 (Tさま邸)(築35年のマンション)

Tさま邸では20年ほど前にカーペットを張替えしておりましたが、
色褪せと汚れが目だつようになり、今回アンダーフェルトを含め、
総張替えすることになりました。
フェルトも張り替える理由は、家ダニやその他の害虫の心配があるからです。
L型廊下+リビング+ダイニングの32㎡施工面積です。

玄関&廊下
<既存のカーペットを剥し、アンダーフェルトも撤去します>

リビング
<リビングの家具は大きい物だけを他所に移動し、
あとは移動せずに新しいカーペットを敷き込みます>

カーペットの施工方法には
グリッパー工法・直貼り工法・
ダブルスティック工法などがあります。
今回のTさま邸はグリッパー工法で施工します。

剥し済み 
<カーペット&アンダーフェルトを剥し、糊やゴミを取り除きます>

清掃 
<凹凸が出来ないように丁寧に糊やゴミを取り除いています>

グリッパー 
<カーペットを留めるグリッパーです。剣山みたいに針が出ています>

完成しました 
<完成しました。一日で工事完了です>


 詳しい工事内容はこちら

内装工事 | 15:51:47 | Trackback(0) | Comments(0)
浴室入口床抜け修理
浴室入口床抜け修理

横浜市港北区日吉本町 (Hさま邸)(築23年)
 
洗面脱衣所から浴室入口折戸を開けて入る床面がふかふか
毎日またいで使用してました。
床の修理が良い機会なので、洗面脱衣所の床、壁の内装もリフォームして綺麗にしたい。
洗面化粧台や洗濯機が設置してありますので、事前に取り外し、
内装完了後に組立、取付しました。
 
改装工事前
<写真ではわかりにくいですが、入口のCFシート部分は底抜けしています>
 
床板撤去開口 
<床を撤去しました。根太、敷居、木枠の一部が腐朽してましたので取替えました。
折戸枠回りで、水漏れの原因部分をモルタル補修し、床板を貼り木工亊を終了しました。>

床補修完了 
<床補修工事はCFシートを貼り完了しました>
<折戸のアクリルが割れ、戸車もハズレて壊れてしまってました。
後日、折戸のみを交換してほしいとのご要望がありました。
カバー工法にて、3日後に交換いたしました>

洗面脱衣所完成 
<床&壁の内装工事も完了し、洗面化粧台+洗濯機も元の位置に設置しました。>



修理&修繕 | 17:06:12 | Trackback(0) | Comments(0)
ベランダの笠木修理
台風・強風被害

ベランダ腰壁の笠木被害

横浜市港北区日吉本町(Hさま邸)

先日、台風並みの強風がふいた時、笠木が飛んでしまいました。
腰壁の形状が複雑に変形しており、壁の形状に合わせて板金加工したものを
クギ止めしてありました。
腰壁内部の木下地も腐朽が進み、同じ場所へのクギ止めは不可能でした。
木下地を補修し、ステンレスビスでとめ直すことで今後強風で飛ばされることが防げます。


ベランダ笠木
<板金加工した笠木が飛んだ状況>

ベランダ笠木工事後
<板金加工笠木取付完了>



 


修理&修繕 | 10:51:25 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。