■プロフィール

日吉プラス

Author:日吉プラス
リフォームへの取り組み

住宅リフォームの施工会社として
大切にしているコンセプトは、
家族のライフスタイルを考え、
いかに住まいに反映させられるか、
ということです。
自分の時間、家族の時間をゆっくり、
安心して過ごすための住まいです。
住む人の趣味・嗜好に合わせた
ライフスタイルを発想し、空間と
そこにあう家具・照明など、多彩な
インテリアまで提案いたします。
私たちのリフォームは
≪空間演出プロデユース≫
だと考えます。

㈱日吉プラス   堀江弘志
〒224-0041 
横浜市都筑区仲町台3-12-4-223
TEL : 045-941-3355
http://www.hiyoshi-plus.jp

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
09月 « 2017/10 » 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
境界フエンス移設

境界フエンス移設

門柱増設工事


横浜市港北区下田町2丁目 (H・H様邸) 築26年


 【お客様のご要望】
  今回は隣地の住宅が売却され、建売住宅が建築される
  ことに伴い、宅地境界を改めて測量しなおしました。
  新しい境界が確定しましたら、従来の境界より20センチほど
  敷地が広がりました。
  8年前、境界にブロック積みアルミフエンスを
  設置しましたが、新しい境界まで移設することにしました。


 【工事内容と当社の提案】
  H・H様邸は2009年に、門扉、フエンス、アプローチ
  インターロッキング、花壇等の工事をさせていただきました。
  H・H様はガーディニングが好きで、
  アプローチ際の小さなスペースも
  無駄にせづ季節の花や、小さな花木を植えて、
  門扉から玄関までを飾り楽しんでおられます。  
  既設のブロック基礎を撤去した部分にプラス、
  敷地の広がり部分を花壇に転用出来るように、
  フエンスの設置は、フエンス基礎石を使った
  工事をお勧めしました。


 既存の門扉
工事完了1 (1)

 増設された門柱
DSC00593-2-2.jpg

 既存の境界フエンス
DSC00572.jpg

 移設完了したフエンス
DSC00583.jpg

詳しい工事内容はこちらをクリックしてご覧ください









スポンサーサイト
エクステリア工事 | 10:28:27 | Trackback(0) | Comments(0)
目隠し竹垣のリフォーム
目隠し竹垣のリフォーム

横浜市港北区篠原町 (K・K様邸)

10年ほど前に、天然竹の目隠し竹垣を取り付けました。
  経年劣化で、カビが発生し、一部の竹材が腐朽して剥がれ落ちてしまいました。
  メンテナンス不要の目隠し竹垣に交換したい。お隣の2階から目線が届かない高さで
  作り直してほしい。


 【リフォーム前の目隠し竹垣】
DSC00318.jpg
詳しい工事内容はこちらをクリックしてご覧下さい




エクステリア工事 | 16:14:56 | Trackback(0) | Comments(0)
ガレージドアのリフォーム
ガレージドアのリフォーム

横浜市鶴見区馬場5丁目 (J・N様邸) 築30年 スイングアップガレージドアをシャッターに交換


DSC00466.jpg

詳しい工事内容はこちらをクリックしてご覧下さい


エクステリア工事 | 16:11:18 | Trackback(0) | Comments(0)
木製バルコニーの塗装
木製バルコニーの塗装工事

横浜市都筑区早淵 (S様邸) 築23年

【高圧洗浄し、塗膜が剥がれたバルコニー】
DSC00265-2.jpg

 【塗装工事完了したバルコニー】
DSC00271-2.jpg

詳しい工事内容はこちらをクリックしてご覧ください


エクステリア工事 | 17:12:05 | Trackback(0) | Comments(0)
シロアリ被害のウッドデッキ改修
シロアリ被害のウッドデッキ改修

ハードウッド(セランガンバツ材)に改修

横浜市港北区日吉本町3丁目 (J S 様邸) 築12年


 【お客様のご要望】
  JS様邸は新築時に1&2階に同じサイズのウッドデッキを作りました。
  施工は住まいを請け負った工務店の大工さんが住宅と同じ材料で
  (ツーバイ材)施工しました。デッキの完成後に木材の表面だけ塗装して
  ありました。経年劣化で腐朽したのかと、細かく観察したところ、シロアリの
  蟻道が見つかり、急遽改修することになりました。
  改修後はシロアリの被害のない、メンテナンスも楽な材料を使ってほしい
  とのご要望でした。


 【工事内容と当社の提案】
  シロアリ被害による改修計画を聞き、床材、土台、柱などを細部にわたり
  調査しました。1階のデッキ部分は全ての部材がシロアリ被害の状況で
  ありました。木製のウッドデッキに拘るならば、ハードウッド材を使用すれば
  シロアリ被害に強く、メンテナンスも(塗装など)も必要ないセランガンバツ
  材を使って改修することをお勧めしました。
  幸いなことにシロアリ被害は1階のウッドデッキ部分のみで、住宅の木材や
  2階のデッキには被害は及んでいませんでした。


 【既存のウッドデッキ】             【シロアリ被害の土台】
P1010017-2.jpg P1010024-2.jpg

 【改修後のウッドデッキ】           【改修後のウッドデッキ】
P1010056-2.jpg P1010057-2.jpg

詳しい工事内容はこちらをクリックしてご覧ください







エクステリア工事 | 08:35:13 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。